初めてのニューヨーク

初めて行った海外旅行先がニューヨークでした。

 

アメリカの航空会社の飛行機に乗ったのも初めてで、機内で話す英語からドキドキでした。機内食、座席で見る映画など、目新しいことばかりで、寝る余裕もないまま空港に到着しました。

 

入国カードの書き方がよくわからず、滞在先のホテルを書いていなくて、係の人にあれこれ英語で聞かれあたふたしましたが、なんとか入国できました。

 

憧れの五番街に、ティファニー、屋台のホットドッグと、映画やドラマで見ていた景色の中に自分がいることに、とてもわくわくしました。

 

実際に行ってみて気づいたのが、高層ビルが多くて、空があまり見えないことでした。ビルの合間では、昼間でもちょっと薄暗く感じました。

 

うって変わって、セントラルパークに行って見ると、大都市の街中とは思えないほど広く、池もあり緑が溢れ、太陽の光がいっぱいで、一日中いたくなるほど気持ちの良い場所でした。

 

レストランで出てくる一皿の量の多さにも驚きました。日本との違いの多さに感動し、アメリカに留学した理由は、初めて行ったニューヨーク旅行がきっかけでした。